HOME>info>加圧トレーニングを活用して健康な体を作ろう!

加圧トレーニングの基礎知識

加圧トレーニングとは「血液の流れを制限した状態でトレーニングをおこなう」ことです。腕や脚など鍛えたいところの血液を制限するとそこに血液がとどまるようになり普段使用していない毛細血管にも血液が行き渡るようになります。その状態でトレーニングをすると普段使わない筋肉も導入できるようになり、高いトレーニング効果が期待できます。さらに筋肉の導入率が高まったことにより成長ホルモンの分泌量も増大することも重要なポイントです。これらの作用によって通常の倍以上のトレーニング効果を発揮するようになります。

加圧トレーニングを活用して健康な体を作ろう!

加圧

加圧トレーニングの活用方法

加圧トレーニングをする場合は加圧ベルトという専門の器具を使用します。それをつけた状態で一回に付き10分から20分ぐらいの短時間でトレーニングをおこないます。加圧するときは腕もしくは脚だけにして両方とも圧力をかけるのは避けてください。血液の流れが極端に悪くなって様々な悪影響がでるためです。
また、加圧ベルトを素肌のところに巻くとトレーニングで出た汗などが入り、かぶれることがあるのでトレーニングウェアの上から巻くようにしましょう。

加圧トレーニングで期待できる効果

加圧

速筋と遅筋が同時にトレーニングできる

一般的にトレーニングをすると最初は遅筋というパワーはないが持久力のある筋肉が使われ、遅筋が疲弊してくると今度はパワーはあるけれど持久力のない速筋が使われるようになります。加圧トレーニングをすると体は血流の制限から酸素が不足していると誤認して速筋を使うタイミングが早くなります。そのため遅筋と速筋をバランスよく鍛えられるのが加圧トレーニングの特徴です。

血管の弾力性が戻る

年齢を重ねると血管が硬くなり、血液の流れが悪くなります。加圧トレーニングをおこなうと血液の流れが一時的に良くなるだけでなく、酸素が不足することによって血管内皮細胞が一酸化窒素という物質を生成するようになります。この物質には血管全体を柔らかくする作用があるので、結果として血管の弾力性が取り戻せるのです。
なお一酸化窒素の生成は一時的であり、放っておくと血管はまた硬くなってしまうので、定期的にトレーニングするようにしてください。

アンチエイジング作用がある

加圧トレーニングの最大の目的は成長ホルモンを大量に分泌させることにあります。成長ホルモンは、筋肉をはじめ、皮膚の細胞や髪の毛など身体の様々な箇所を発達させるのに必要なホルモンです。通常は18歳頃をピークとし、年齢を重ねる毎に分泌量が減っていくのですが、加圧トレーニングをすると平常時の数倍以上もの成長ホルモンが分泌されるようになります。それが皮膚の細胞や髪の毛にも影響してアンチエイジング効果を発揮します。

加圧トレーニングの注意点

加圧トレーニングは血管に圧力をかける性質上、通常のトレーニングよりも循環器官に負担を与えてしまいます。そのため人によってはトレーニング中にめまいや吐き気を催すことがあるので注意してください。原則的に加圧トレーニングではトレーニングする人の安全性を考慮して、腕なら5分以内、脚なら15分以内と制限時間が設けられているので、その時間をしっかりと守ることが大切です。それでも身体に異変が起きたときは、圧力が強すぎるなどの問題が潜んでいる可能性がありますので、一度専門家の指導を受けてみてはいかがでしょうか。

加圧トレーニング用アイテムを選ぶ際の比較ポイント

目的に合わせたアイテムであること

自宅でおこなえる加圧トレーニング器具にはスタンダードモデルとアスリートモデルの2種類が存在しています。スタンダードモデルはダイエットを主軸においておりやや圧力は低めになっていますが、アスリートモデルは筋トレ効果を最優先にしているため圧力が高いという違いがあります。
ダイエットや健康増進を目的として加圧トレーニングする場合はスタンダードモデルを、とにかくトレーニングをして身体を強くしたい場合はアスリートタイプと目的に合わせてアイテムを選ぶようにしてください。

正規の販売登録店で売られているものかどうか

加圧トレーニングの器具は扱いにリスクを伴うためインターネットや通信販売では販売されていません。そのため器具がおいてあるお店に足を運んで直接購入することになるのですが、お店の種類には加圧トレーニング器具の正規資格を持つ正規の販売登録店と資格のない販売非登録店があります。販売登録店の場合は審査をした器具が販売されていることや器具の取り扱い方の説明、アフターサービスなど各種サービスが充実しているので、そちらの店舗にある加圧トレーニング器具を購入するようにしましょう。

広告募集中